日本語教師のなり方、必要な資格など【日本語教師になりたい人必見】

日本語教師になりたい!でも、どうやったら日本語教師になれるの?必要な資格は?
上記のような疑問を持っている人は多いのではないでしょうか?
というわけで、日本語教師のなり方、必要な資格などについて説明します。
スポンサーリンク

日本語教師の種類

一言に日本語教師と行っても、地域のボランティア、企業で外国人社員に教える場合、日本語学校で教える場合など様々な日本語教師があります。

今回は、以下のに絞ってそれぞれのパターンを説明したいと思います。

  • 国内の日本語学校で教える
  • 海外で教える
  • 地域のボランティア
  • 企業の外国人社員に教える

国内の日本語学校で教える

国内の日本語学校で教える場合、基本的に下記のうちいずれかを満たしている必要があります。

国内の日本語学校で日本語教師になるのに必要な資格
  • 大学または大学院で日本語教育主専攻または副専攻を修了していること
  • 日本語教育能力検定試験に合格していること
  • 学位を持ち、なおかつ文化庁が受理した420時間以上の日本語教師養成講座を修了していること

3つ目の「学位を持ち」というのは、簡単にいうと4年制大学卒業ということになります。

「420時間以上の日本語教師養成講座」というのは、色々な資格取得スクールで開講されている講座です。(中には「420時間以上の日本語教師養成講座」の要件を満たしていないものもありますので受講される際は、ご自身でしっかり確認してください)

上記3つのうちのいずれかを満たしたうえで、求人応募して見事採用となれば、はれて日本語教師として働くことができます。

スポンサーリンク

海外で日本語教師になる

海外で日本語教師になる場合も「求人に応募→採用」という流れは基本的に同じです。

国内の日本語学校で日本語教師になる場合と大きく違うのは、必ずしも上の項で挙げた資格が必要ではないという点です。

上の項で挙げた資格はあくまでも国内の日本語学校で日本語教師になる場合のものです。

なので、海外で日本語教師になる場合には、各求人の「募集要項」や「必要な資格」を確認する必要があります。逆に、求人内容によっては「経験年数3年以上」など、日本で日本語教師になるより要項が厳しい場合もあります。

また、海外ボランティアや有給インターンシップ、無休インターンシップなどもあります。

地域ボランティアとして日本語教師になる

地域ボランティアとして日本教師になる場合、各ボランティア団体により条件が異なります。

一般的には、採用条件は緩く、採用条件に特別な資格などを必要としないボランティア団体も少なくありません。

なので、市販の書籍などを活用しながら独学で日本語の教え方を学び、そのまま日本語教師としてのボランティアを始める人もいます。

ただし「日本語教師養成講座420時間」を修了していたり、「日本語教育能力検定」を取得していれば、よりボランティア活動の幅を広げることができます。

報酬に関しても、「完全に無給」「交通費のみ支給」「有給」など各ボランティア団体や募集の内容により異なります。

また、地域ボランティアではありませんが、日本語教師としてJICA(青年海外協力隊)に応募する際には、日本語教師養成講座の修了や日本語教育能力検定への合格などのほか、日本語の指導に関する実務経験がある人が優先的に採用されるようです。

企業の外国人社員に教える場合

企業で外国人社員に日本語を教えるという場合も、国内の日本語学校で日本語教師になるのに必要な資格は必要ありませんが、日本語教育の知識が必須の場合が多いです。

また、日本語教育に関する知識だけでなく、ビジネスマナーや業界知識などが必要な場合も多いです。

応募条件があう求人に応募して採用されれば、企業で外国人社員に日本語を教える事ができます。

最後に

いかがだったでしょうか。今回は、下記4つの場合について説明させていただきました。

  • 国内の日本語学校で教える場合
  • 海外で教える場合
  • 地域のボランティア
  • 企業の外国人社員に教える場合

いずれにしても、選択の幅やその後のキャリアなどを考えると国内の日本語学校で日本語教師になるのに必要な資格はあったほうがいいと思います。

おすすめの記事