アイキャッチ

420時間日本語教師養成講座ってなに?

日本語教師に必要な資格を満たしているけど、420時間日本語教師養成講座を受講した方うがいいの?

 

上記のような疑問にお答えします。

スポンサーリンク

日本語教師養成講座とは

まず、日本語教師養成講座についてご説明いたします。

すでに知っているという人は、ここは読み飛ばしてください。

日本の日本語学校で日本語教師として働きたい場合、基本的には下記3点のいずれかを満たしている必要があります。

国内の日本語学校で日本語教師になるのに必要な資格
  1. 大学または大学院で日本語教育主専攻または副専攻を修了していること
  2. 日本語教育能力試験に合格していること
  3. 学位を持ち、なおかつ文化庁が受理した420時間以上の日本語教師養成講座を修了していること

 

3つ目の「文化庁が受理した420時間以上の日本語教師養成講座」が「420時間日本語教師養成講座」です。

1つ目、2つ目の条件に当てはまらない場合、「学位+420時間日本語教師養成講座修了」が必要な資格ということです。「420時間日本語教師養成講座修了」だけでは必要な資格を満たさないので気をつけてください。また、「文化庁が受理した」という部分も気をつけてください。

日本語教師養成講座は受講したほうがいい

日本語教師を目指している人なら「420時間日本語教師養成講座」という言葉をよく見たり、聞いたりすると思います。

私は、日本語教師を目指しているなら「大学または大学院で日本語教育主専攻または副専攻を修了している」「日本語教育能力試験に合格している」場合でも、「420時間日本語教師養成講座」を受講したほうがいいと思っています。(すでに、日本語教師として働いている方はその限りではありませんが)

私が日本語教師をして感じた「420時間日本語教師養成講座」を受講する意味、受講したほうがいい理由をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

日本語教師養成講座を受講したほうがいい理由

私は、これから日本語教師を目指そうとしているなら「国内の日本語学校で日本語教師になるのに必要な資格」の1つ目、2つ目の条件のいずれかを満たしている人でも日本語教師養成講座を受講したほうがいいと思っています。(すでに日本語教師として働いている人はその必要はないと思います)

理由は、知識を実践の場でどう使うかを学ぶことができるからです。

「大学または大学院で日本語教育主専攻または副専攻を修了」や「日本語教育能力試験に合格」を満たしていれば、知識は十分に持っているでしょう。

しかし、日本語教師養成講座では、知識はもちろん、その知識をどのように実践の場で使うのかを学ぶことができます。

座学の授業で知識を学ぶ際に実践の場で具体的にどのようにその知識を活用できるかを学べますし、教案のフォーマットや具体的な教案の書き方及び添削、模擬授業とフィードバックなどの授業もあります、その際にも、学んだ知識をどう使うかを学ぶことができます。

教案作成や模擬授業を通して、実際の仕事の流れをシミュレーションできるのもいい点だと思います。

教えてくださる講師の方々は、実際の現場を経験している方ばかりなので的確なアドバイスを受けることができます。

実際、日本語教師として就職すると最初の頃は先輩日本語教師から教案の提出を求められたりすることは多いです。

実際、私も最初の頃は事前に教案を提出していました。

私の同僚は、教案の基本のフォーマットや基本の書き方を知らなくて、とても苦労していたのも目にしました。

また、日本語教師養成講座を開講しているスクールの多くは就職のサポートも行ってくれます。就職サポートを行ってくれるスクールでは、希望する条件をもとに国内求人、海外求人から求人を紹介してもらうことができます。

場合によっては、現役で日本語教育に携わっている講師から直接求人を紹介してもらえることもあります。

同じ日本語教師を目指す仲間と横の繋がりができるというのも心強いです。

将来的に、その仲間から仕事の声がかかることもあります。

以上がこれから日本語教師を目指すなら日本語教師養成講座を受講したほうがいいと思う理由です。

最後に

私は、自分が日本語教師養成講座に通ってメリットがあったと思いますが、

すでに日本語教師として働いている方や上記の内容を読んで「自分は日本語教師養成講座に通わなくても問題ない」と思う方は日本語教師養成講座に通う必要はないと思います。

私の経験が皆様の参考になればと思います。

 

 

おすすめの記事